Monthly Archives: 1月 2014

「笑顔」

this is my photo



今週末はディズニーシーに行く予定です。
しかも泊まる場所はあこがれのディズニーランドホテル!
出産後はなかなかこういう場所にも行けないだろうということで、
少し贅沢をしてしまいました。
勿論アトラクションには乗れないので、
ショーを見物したり美味しいご飯を食べて楽しみたいと思います。
そして篠山紀信さんになったつもりで、ディズニーの写真を撮ってきたいと思います(笑


篠山紀信さんといえば、よく荒木経惟さんと比較されますよね。
同時代に活躍した写真家でありながら、
写真に対するスタンスがかなり違うからでしょうか。
僕は篠山さんのスタイルに捕らわれない奔放さがとても好きな一方で、
荒木さんのエロスをそのまま形にしたかのような写真もとんでもなく凄いと感じます。
このふたりの写真家について会話をしていると、
KinKi Kidsの「あたし光一派!」「うっそー私は絶対剛派!」の会話のごとく、
篠山派と荒木派に分かれる時があったりしますが、
僕はもう最近はどちらも凄すぎて比べるのも畏れ多くなりました。
ちなみに僕は光一派です。
(まさか、今時の若い人はキンキキッズを知らないなんてことはないよな…!?)

陽光

light up



僕が参加する企画展、「投銭」の搬入が無事に昨日終わりました。
大道芸でよくみられる、「お客さんが自由にお金を投じる」というシステムを
仮に展覧会でやってみたらどうなるか、という試みのこの展示。
搬入の時点ではじめて他の方の作品を見ましたが、
想像以上にバリエーションが豊かなものとなりました。
まず、写真じゃなくて絵画の人もいました。
てっきり自分も写真だけかと思っていたので、
以前の記事で「写真展」なんて言葉を使ってしまいましたが、
間違っていました…すいません…。
写真と絵画と、それぞれの作品が一同に集まっており、
なかなか混沌とした空間となっております。
まさに企画展ならではといった感じで、面白いですよ!


展示期間は明日、1/28日から、2/16日まで!
会場は今池にあるギャラリー兼カフェの「Gallery+Cafe CHIMERA」。
今池の駅からは徒歩で10分ほどでしょうか…?
詳しくは、ギャラリーのサイトをご覧ください。
(http://www.gallerycafechimera.com/)
カフェということで、美味しいお茶も楽しめます。
僕のおすすめは今の時期にぴったりな温かい日本茶。
かぶせ茶を飲んで温まりつつ、ゆっくり作品鑑賞なんて如何でしょうか。


ちなみに、今池の駅を出てすぐの場所に
松屋カメラというカメラ屋さんがありまして、
僕はそこでMamiya7IIを買いました。
お店の雰囲気もほのぼのとしていてよく(可愛らしいおばちゃんがお茶を出してくれたりする)、
色々と楽しみながらカメラを物色できますので、
写真好きの方にはおすすめです。


今回の企画展、どのような結果になるのか今から楽しみです!
ちなみに、作家数が18人と多いので、
個展のように決まった日に出展者が在廊してお客さんと話す、
ということは今回出来ないことになっている為、
自分も会期中に何回か様子を見に行く程度にしようと思います。


それでは、おやすみなさい!

朝の息吹

morning



こんばんは!
本日も寒い岐阜です。
最近やけに乾燥しているのか、手がささくれて痛いです。


僕は名古屋にある写真屋さん、rainrootsが主催している部活動(?)の部員として
色々な方の写真を見たり、ワークショップに参加をしています。
近くにこういったお店があるのは本当に幸福なことです。
(それでも岐阜からだと電車で1時間ぐらいはかかりますが…)
最近は暗室体験をしているのですが、
これがまたとても楽しい!
僕は大学生の頃に一時期だけ写真部に入っていたので
モノクロのプリントは少しだけやったことがあったのですが、
先日は人生初のカラー暗室も体験しました。

初冬の昼

smile



どうも、こんばんは。
Mamiya7IIを買ってから、早くも一ヶ月が経ちました。
フィルムにしてまだ6本ほどしか撮っていませんが、
現時点での感触はというと、非常に良好です!


これまでRolleicord Vbを使っていたので、
まず露出が自動で絞り優先で撮影出来るというのがとても楽に思えます。
6×7とは思えない軽さもあり、
ガンガン持ち歩いてバシバシ撮るカメラなんだろうと思います。
自分にとって初めてのレンジファインダーだったので、
ちゃんとピントが合わせられるかも心配だったのですが、
ファインダー内の二重像もかなり見やすく、
簡単にピントを合わせることが出来ました。

仰ぐ

hole



僕も参加する公募型企画写真展が
いよいよ今月28日からスタートします。
以前の記事でも書きましたが、今回僕が参加する企画展のテーマは「投銭」!
これはいわゆる大道芸のシステムを写真展でもやってみようということでして、
企画展に来ていただいた方がもしお金を払ってもいいと思えるほど
好きになった作品があれば、
それぞれの作品の前にあるボックスにお金をいれることが出来るというもの。
もちろん強制ではないので、展覧会自体は無料で楽しめます。


総勢18名が参加する今回の写真展、
作品としてのテーマは決まっていないため、
非常にバリエーション豊かなものになると思います。
作品の形態はプリントかブックかのいずれかで、僕はブックで出展します。