Monthly Archives: 4月 2012

ひょっこり

squirrel
呼んだ? / RolleicordVb REALA ACE

こんばんは、ほしです。
近所の桜はすっかり葉桜になってしまい、早くも緑色の葉が存在感を増してきました。
桜の時期ってホントに一瞬ですよね~。
この、儚い感じもまた桜の良いところなのでしょうね。
先週の土曜日は、趣味の世界をどっぷり堪能してきた一日でした。
「水曜どうでしょう」(以下、どうでしょう)という、大泉洋さんが出演している、
北海道ローカルで昔放送されていた番組が僕は大好きなのですが、
その番組の名物ディレクターである藤村Dの母親が経営している喫茶店が名古屋にあるのです。
番組でも登場したことのあるこのお店は、どうでしょうファンの聖地になっているとか…。
これはどうでしょうファンなら行くしかない!ということで、
土曜日に突撃してきました。
一緒に行った相手は、以前写真屋さんで出会った、北海道出身の同じくどうでしょうファン。
番組の本放送時から好きだったというから、かなり筋金入りです。
2人でわくわくしながら駅からお店へ向かうこと約10分、
大通りから少し外れ、静かな通りの中に「ラディッシュ」の看板が掲げられたお店を発見。
いそいそと中に入ってみると、13時半すぎと少しお昼どきを過ぎたにも関わらず、大繁盛!
なんとか空いている席に座ることが出来たのですが、その席が幸運にも番組内で使われていた席のとなり。
そのゾーンはいわば「どうでしょうコーナー」と化していて、
どうでしょうの懐かしグッズや番組に登場した小物、
大泉さんや藤村Dのインタビュー記事のスクラップや、
HTB(番組が放送されたテレビ局)のマスコットキャラクター「onちゃん」の特大ぬいぐるみに、
どうでしょうのマスコット(?)の「福助」まで、
どうでしょうファンなら思わず目を輝かせてしまうような一角となっているのです。
ランチを注文し、待っている間にスクラップ記事やどうでしょうグッズを手に取りながら満喫。
ランチが登場すると、テーブルには乗り切らないほどの大ボリューム!
割と小食な自分は、完食するのが大変なぐらいでした。
食事を終えた後は、ランチ時の忙しい時間帯を過ぎたこともあって、
藤村Dのお母さんに直接お会いしてご挨拶も出来ました。
お母さんがまた非常に気さくで面白い方で、
この方に育てられたら、そりゃあ面白い番組が作れるなぁ…と思ってしまうほどでした(笑
最後には一緒に写真にも写ってくださり、素敵な思い出となりました。
また是非行きたいな~と思えるお店でしたよ。
どうでしょうファンでなくとも、楽しめるような素敵なお店でした。
ラディッシュに行った後にも色々と趣味の世界を堪能してきたのですが、
話が長くなりそうなので、次回に続く!ということで。

Share

share
分け合うことはすばらしい / RolleicordVb PORTRA400

こんばんは、ほしです。
最近はホントに色々な種類の写真雑誌が本屋さんで売っていますよね。
自分は、CAMERA LIFEやカメラ日和、CAMERA magazineや写ガール(男だけど…笑)を
時々買ったりしています。
カメラ日和とか女子カメラとか写ガールの男性向け版とかあったら絶対買うんだけど、
需要ないですかね?笑
カメラ日和はまだしも、女子カメラや写ガールをレジに持っていくのは、
それなりに気恥ずかしい思いがあるので…笑
…まあ、多分他の男の人に比べたらそんなに抵抗ないほうではあると思いますが。
OZmagazineとか結構持ってるし…笑
お散歩情報(素敵スポットとか素敵カフェとか)の情報は、得てして女性向け雑誌のが充実しているものです。
最近思うのは、昔の写真家のことってあまり知る機会ってないよなぁ…と。
その気になって調べればいくらでも知れるとは思うのですが、
その気にならないと出会えないというか(笑
市橋織江さんのことは知っていても、アーウィットやブレッソンは名前も聞いたことないって人は
少なくないと思うのです。
実際自分もそのへんの写真家にはかなり疎くて、ホントに一部しか知らない。
逆に、川島小鳥さんとか本城直季さんとか高木こずえさんなどなど、
やっぱり最近話題の写真家だと知る機会が多いんですよね。
自分は最近の方だと川内倫子さんの写真とかかなり好きなのですが、
アーウィットやドアノーの写真を見ても「いいなぁ」とやっぱり思うのです。
だから、もっともっと昔の写真家を知りたい!
が、どうやって知ったものか…という現状(笑
とりあえず、写真を「撮る」だけでなく「見る」ことも今年は多くしていきたいなあと思っている次第なのです。

ハレ

sunny day
つい口笛を吹きたくなってしまったりして / RolleicordVb PORTRA400

こんばんは~、ほしです。
もうすぐでゴールデンウィークになりますね!
もうみなさん予定はたてられているのでしょうか。
自分はというと、前半は実家の千葉県に帰って、
後半は瀬戸内海の方へ旅行に行こうかと計画しています。
一度は行ったことがあるのですが、前々からまた行きたいと思っていた直島に行こうと思います。
アートの島として今では全国的に知られている直島。
前に行った時はまだ写真を趣味としていないころだったので、
今度はがっつり写真を撮ってこようと思います!
そして、通称「うさぎ島」と呼ばれている大久野島にも足を運ぶ予定です。
大久野島には、とにかくうさぎが沢山いるらしい。
うさぎの楽園として知られているらしい。
何を隠そう、自分は将来うさぎをペットにしようと本気で考えているぐらい、
うさぎが大好きなのです。
うさぎ島という通称だけでテンションあがります。
そして、そんな大久野島、戦前は毒ガスの製造工場なんかもあったりする島だったようで、
かつては「地図から消された島」だったといいます。
その頃の建物は今では廃墟として残っているらしく、
廃墟好きにもたまらない島らしいのです。
今では年間何万人ものひとが訪れる観光地となった大久野島ですが、
そのようなディープな歴史ももっているのでした。
それにしてもうさぎと廃墟…なんというコラボレーション。
うさぎも好きですが、廃墟もまた自分としては大好きなので、
恐らくフィルムの消費量が恐ろしいことになるでしょう…。
フィルム、20本ぐらい持っていこうかな(笑

リトルライフ

little life
小さないのち、こぼれるひかり / RolleicordVb PORTRA400

こんばんは、ほしです!
すっかり暖かくなって、今日も一日ポカポカでしたね。
そろそろピクニックとかしちゃってもいいかもなんて思うこのごろです。
GLAYの曲に「Good Bye Bye Sunday」という自分の好きな歌があるのですが、
その歌の歌詞に、
「カメラを持ってでかけよう ピクニック気分ででかけよう
そんな人生だってボクは ステキだと思っているんだ」
というフレーズがあるんですね。
今週末はまさにそんなピクニック気分で楽しもうということで、
前にひつじの写真を撮りまくった、ローザンベリー多和田という牧場に再び遊びに行こうと思います。
今の時期だと毛刈り体験なんかも出来るそうで、
もし毛刈りに挑戦したあかつきには、このブログでその様子をお伝えしようと思います(笑
今日は会社の職場で席替えがありました。
ほんのちょっと席が変わっただけなのですが、なんだかちょっとした新生活気分。
ウキウキした感じでこれからも頑張っていこうと思います!
おやすみなさい。

伝わる想い

best partner
共に生きる / RolleicordVb PORTRA400

こんばんは、ほしです!
すっかり春がやってきて、桜の花も開き始めていますね~。
自分は、昨日一昨日と、お花見に行ってきました!
一昨日は名古屋の庄内緑地公園にて、写真好きたちが20人ほど集まってワイワイと。
ここまでの団体でのお花見は初めてでしたが、賑やかかつフリーダムで楽しかったです(笑
周りの団体さんもみんな楽しそうで、こういうお祭りみたいな雰囲気って良いなぁと改めて思いました。
バーベキューでお肉を焼いてみたり、ホットワインを作ってみたりと、
なんとも素敵な時間を過ごすことが出来たのでした。
そして昨日は足をのばして、大阪へ!
大阪城公園で、綺麗な桜を見てきました。
大阪へは彼女と一緒に行ってきたのですが、
大阪城公園で桜を見ることの他にも、目的があったのです。
それは、カメラを買うこと!
自分じゃなくて、彼女がですが…笑
前々から自分が使っているローライコードや、他の人が使っているハッセルなどを見ては、
中判カメラいいなぁいいなぁとつぶやいていた彼女ですが、
いよいよそれが限界に達したらしく、ハッセルを買う!と意気込んで大阪へ行ってきたのです。
行ってきたのは、大阪梅田にあります「マツモトカメラ」。
写真好きの方の紹介で行ってきたのですが、ここがまた素敵なお店でした。
お店は、閑散としたビルの2階に入っていまして、正直店舗を覗くまでは不安で仕方なかったのですが…笑
なにせ、そのビルに入ってあるテナントのほとんどがシャッターなんですよ!
シャッターシャッターシャッター、たまに開いてるお店、またシャッター…みたいな(笑
そんな静かなビルの2階に佇むカメラ屋さんにおそるおそると入ってみると、
店内では店長さんらしき人が外国人の人の接客中。
その英語があまりにも流暢で、いきなり度胆を抜かれました(笑
店長さんが接客をしている間、ショーウィンドーに並ぶカメラを覗いていたのですが、
どのカメラも凄く綺麗!
マツモトカメラは、ライカやローライ、そしてハッセルといった海外メーカーのカメラを中心に取り扱っているお店なのですが、
どのカメラも年代物ながら、古いカメラにありがちな汚さが感じられず、店長さんの手入れの素晴らしさがカメラから伝わってくるのでした。
接客を終えた店長さんに話しかけてみると、
店長さんはもともとカメラの修理から業界に入られた方なのだそうで、
カメラのメンテナンスやオーバーホールなども行っているのだそう。
どうりでカメラが綺麗なはずです。
その店長さんがまた気さくで素敵な方で、
かっこいい写真集を見せて下さったり、
なんと無料で自分のローライコードのスクリーンやミラーを綺麗にして下さったりもしたのです。
スクリーンを磨かれたあとで自分のローライコードを改めて覗いてみると、
明らかに違いがわかるほど写る景色が鮮明になっていました。
それだけ汚れていたのか、自分のローライコード…笑
修理から入ったというだけあって店長さんからは職人のような姿勢が感じられ、
なんだかカメラの手入れをしている間など、本当に店長さんが輝いて見えるようでした。
はじめてハッセルを使う彼女にも、構え方からシャッターの押し方、ピントの合わせ方、絞りシャッタースピードの変え方などなど丁寧に説明して下さり、
この人は本当にカメラが好きで好きでたまらないんだなぁ…と思うとともに、
信頼のおけるお店であることを確信したのでした。
彼女もその店長さんのカメラにむける情熱に心打たれたようで、
ハッセルをしっかりとお買い上げしていました(笑
オーバーホール済み、レンズもしっかりとメンテナンス済みということで、
彼女が羨ましくて仕方がありません…。
いつか借りて俺にも撮らせてもらおうっと!笑
というわけで、大阪の片隅にひっそりと佇むマツモトカメラ、
中判カメラを始めたい!という方にはピッタリのお店なのではないでしょうか。
お近くにお住まいの方は、是非!