Monthly Archives: 6月 2011

CLOSED

closed 2
シャッターーストリートの憂鬱 / GR1v APX100
closed 1
どこか物寂しい雰囲気と共に / GR1v APX100
実家から更新。
あー、今日は蒸し暑かったですね…。
溶けるかと思いました…笑
今日はシャッターガールのゆりちゃさんと、yamaoiブログのyamaoiさんと、写真展を観に行きました。
まずは戸越銀座にあります写真屋さん、「フォトカノン」で現在行われている写真展、
photo exhibition versus」を見学。
著名な写真家やブロガーの方々が1つのテーマを元に写真を展示する企画です。
お店自体もそれほど大きい店舗ではないので、写真展のスペースもそんなに広くはないのですが、中々楽しめた写真展でした。
やはり写真には撮影者の想いや個性が宿るなぁ…と改めて実感することが出来ました。
いつか自分もあんな感じで写真展とかしてみたいですね(笑
続いて、五反田でお昼ご飯を食べた後は恵比寿に移動し、東京都写真美術館で現在行われている、
ジョセフ・クーデルカ プラハ1968」を観てきました。
プラハ侵攻の様子を収めた写真群はかなりの迫力で、人々の怒りや哀しみ、慟哭が写真から伝わってきました。
むき出しの感情がもつエネルギーの大きさは計り知れないものがあるんですね。
こういったドキュメントの写真を撮る機会は俺にはありませんが、
後世の人々にも何かを投げかけることの出来る写真をもし自分も撮ることが出来たなら、それはサイコーだよなぁなんて思いました。
まあ、難しい話ですが…笑
ということで、今日一緒に写真展に行ってくださった、yamaoiさんのブログ、「yamaoiブログ」をリンクに追加しましたので、是非ごらんください!
それではまた次回!

風に揺られて

wind
たなびく / EOS10QD EF50mmF1.4 PORTRA800
最近はグっと気温も上がってきて、まさに夏到来!といった感じですね。
岐阜もジリジリとした暑さになってきまして、これから本格的な暑さがやってくるかと思うと怖い思いです(笑
岐阜って暑いらしいからなぁ…夏。
話変わりまして、工場の都合で急遽明後日から6日間休みになったので、実家に帰ることにしました。
ゴールデンウィーク以来なので、約1カ月ぶり?の東京!
予想外に早く帰ることになったなぁ(笑
あ、リンク一件追加しました!
meshideさんの「ひきこもって写真+」です。
よろしければどうぞご覧ください。

あの人に届けたくて

post in the rain
雨の中、ポストへ走る / GR1v APX100
岐阜で田舎暮らしを始めてから、Amazonの利用頻度が一気に上がりました。
CDとか買いまくってます。近くのCD屋だと、ちょっとマイナーなバンドのCDとか全然置いてないですからね。
とりあえずこっちに来て買ったCDは8枚。順調に増えていっています…笑
実は今日も注文していたCDが届きまして、The Mirrazの「観覧車に乗る君が夜景に照らされているうちは」を手に入れました。

ミイラズというと、これまでの曲は割と曲のスピードも速くて、ガンガン攻めるロック!といった感じだったのですが、今回の曲はシンプルでポップなロックンロールといった感じで、ミイラズ新境地といった装いです。
で、話変わって先日は「The telephones」のライブに行きまして。
いやもー本当に素晴らしいライブでした。
テレフォンズのライブに行くのは初めてだったのですが、あれだけ楽しいライブは久しぶりでした。
みんな取り敢えず笑顔で楽しく踊っている感じの(笑
しかもテレフォンズ、今年後半にはあの「さいたまスーパーアリーナ」でワンマンライブをするそうで。
ボーカルの石毛さんもライブ中で言ってましたが、さいたまスーパーアリーナなんていったら売れてるアーティストしか出ないような場所ですよ。
石毛さんは、そこでテレフォンズがライブを成功させることが出来たら、日本の音楽業界ちょっと変わるんじゃないか、とも言っていましたが、本当にそうなるといいなぁと思います。

the telephonesの中でもお気に入りの曲、「Monkey Discooooooo」のPV。
PVのエロティック&カオスな雰囲気も合わせて好きです(笑

スカイブルー・ブルースカイ

sky blue
足元、青く染まって。 / EOS10QD EF50mmF1.4 PORTRA800
blue sky
見上げれば青い空 / EOS10QD EF50mmF1.4 PORTRA800
おはようございます。
といっても、俺はこれから寝ます。
夜勤明けなのです。
現在工場研修中ということなので、夜から朝まで働く、そんな日があったりするわけです。
夜勤中はおかしなテンションになります…。
何故かモーニング娘。の「あー父さん母さんー(イェイイェイ)」のフレーズを口ずさんでみたり(曲名わからず)、
この前観た感動的な映画の内容を思い出して、「思い出し泣き」しそうになったり、
その場で自分で思いついたメロディーを思うままに口ずさんでみたり、
母校の教壇に立ち生徒達に熱弁を振るう妄想をしてみたり、
そんなことをしながら働いています。
やっぱりね、人間は太陽と共に活動するように出来ているんだよ…。
それを逆にしようっていうんだから、不思議なテンションにもなるよ…。
そして今夜も夜勤なのでした。
なので今のうちに寝るわけです。
おやすみなさい!!

RE:CHINA 02

China "huggy"
笑顔と不安 / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100 ACROS
China "school"
学ぶ。 / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100 ACROS
China "child"
視線 / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100 ACROS
という訳で、3年前の中国写真復活日記、二回目です。
今回で終わりです(笑
人物にフォーカスを当てた3枚を選んでみたのですが、昔の俺の頑張りっぷりが垣間見れますね…。
中国語で「写真撮っていいですか?」は「クーイージャオシアンマ?」というらしいのですが(確か)、
それだけを友達に教えて貰い、その言葉を必死に話しながら写真撮らせて貰ったりしましたからね。
今俺にそれをするエネルギーがあるかと言われると、無いかもしれない…笑
ただ日本より人物写真は撮りやすかったのは間違いないですね。
日本だと、肖像権とか色々なことを気にしなきゃいけないですからね。
スナップで人物を撮るとかが中々難しい時代ですからねー…。
その点海外は写真を撮られることに対して敏感でなかったりするので、写真を撮る側としては有難いですよね。
なんだか写真を見返していたら、また中国に行きたくなってきました。
まー旅行で行かずとも、いずれ仕事で行くことになる可能性もあるのですが(笑