Monthly Archives: 3月 2011

桜の咲く頃に

2011.03.25
柔らかな風に運ばれて / GR DIGITAl II
今日で関東住まいも最終日!
明日岐阜に移動します。
どのような生活が自分を待っているのか、未知数ですが、後悔しないように頑張りたいと思います。
寮生活になるのですが、寮のネット関係がどうなっているのかまだ把握してないので、もしかしたらブログの更新が暫くストップしてしまうかもしれません。
このブログを通して、岐阜から写真を沢山届けていきたいと思いますので、お待ちください!
それでは、行ってきます!

運命の交差点

cross-point
すれ違う / GR1v DELTA3200

土井英司氏の「20代で人生の年収は9割決まる」を読了。
社会人生活へ向けてそろそろビジネス書を読もうと購入してみたのですが、面白かったです。
入社から35歳まで、一体どのような姿勢で仕事に取り組むべきかが書かれています。
本書において、著者は、入社して3年間は上司や先輩の言うことを素直に聞き、自我(こだわり)を捨てて言われた通りに行動するべき、だと述べています。
まずは上司や先輩方の方法を習得したうえで、その後ようやく自分らしさを発揮できるということです。
はじめの3年間で自己の基盤をしっかりと作り、そのうえで成果を出せる人間にならなければならない、と。
自分もこれを頭に入れて、仕事に励みたいと思います。
昨日は大学の友人達と集まって飲んだのですが、すでに卒業された先輩方も来て下さいました。
先輩方はそれぞれもう立派な社会人として働かれているのですが、自分のようやくその一員になれるんだなぁと。
いよいよ入社式まで後5日!
一体どのような社会人生活になるのかさっぱり不明ですが、これまでのライフスタイルが変わることは確実です。
多分撮影する写真にもそれが出てくる…かも?
今後のほしカメラにご期待ください!笑

落し物インザレイン

lost property
雨に濡れて / GR1v DELTA3200
昨日は大学の卒業式…は中止になってしまったのですが、
大学へ行って学位記(卒業証書的なもの)を受け取ってきました!
ゼミの後輩も追いコンを開催してくれて、卒業のお祝いをプレゼントしてくれました。
教授から卒論を返してもらったりしているうちに、あーこれで大学生活、ひいては長かった学生生活もとうとう終わるんだなあと。
小学校、中学校、高校、大学…と16年もの間学生をやっていた訳ですからね。
長かったー!笑
まあこれからもっと長い、社会人生活が始まるわけですが…笑
人生の第二ステージといったところでしょうかね。
さて、上の写真はDELTA3200のフィルムを初めて使用して撮影してみたものなのですが、
中々使い心地としては3200、良い感じです。
様々な環境下でも撮影出来るのが嬉しいのは勿論のこと、この粒子感も自分の写真になんとなく合っている気がします。
実は香港の写真もこの3200で撮影したかったのですが、やはり3200ともなるとX線でやられてしまうので諦めました。
いちいち空港で説明するのも面倒だよなぁと。
まだ3200は使い始めたばかりなので、もっとガンガン使ってフィルムの特徴を生かした写真を撮ってみたいですね。

コーヒータイムと雨の音

000044
吉祥寺のカフェにて、ゆりちゃさん。 / EOS10QD EF50mmF1.8II PORTRA400



先日…といっても香港に行く前なので結構昔ですが、
当ブログからもリンクをしております、
シャッターガール」のゆりちゃさんと、
写真館 ぐるぐるぐるり」のanne*さんと一緒に、
吉祥寺へ写真会へ行ってきました!
その日はあいにくの天気で、雨もポツポツ、気温も冷え込んでしまっていたのですが、
そんな天気にも負けず、みんなで写真をバッチリ撮ってきました!
OFF SHOT
anne*さんを撮影するゆりちゃさん…を遠くから撮影(笑
なかなか数人で集まって写真を撮るといった経験はないのですが、こうしていざやってみると、
それぞれどのような感じで普段写真を撮影しているのかが、なんとなくわかって楽しいです。
あ、ちなみにこの記事の2枚目のanne*さんの写真は、トリミングしています。
スクエアカメラで撮影したわけではないです。
自分は構図が気になるとパソコンでサクサクとトリミングしてしまうのですが、
トリミングは邪道だ!みたいな方ももしかするといらっしゃるのかもしれませんね。
トリミングせずとも完璧な写真が撮れればいうことなしなのですが、いかんせん自分はまだまだなので…笑

RED STEPWAY
雑貨屋さんにて、特徴的な階段と一緒に。 / EOS10QD EF50mmF1.8II PORTRA400


ブログを通じてこういった写真好き同士のつながりが出来るのは凄く良いことだと思います。
改めて、こういった機会を与えて下さった、ゆりちゃさんとanne*さんに感謝ですね!
あと1週間ほどで岐阜に行くことになりますが、あっちの方でもそのような写真仲間が出来るといいなぁ。

HONG-KONG BILLBOARD

HONG-KONG street
それぞれを主張する看板達 / GR1v BW400CN
香港旅行最終日。
ホテル近くのデパートで昼食を食べた後、ホテルで香港空港へと向かいました。
昨晩ニュースで見た日本の地震は、未だ実感として湧いてきませんでしたが、
ガイドさんの「日本に帰っても頑張ってくださいね!」の声に、やはり只事では無いのだとぼんやりと思っていました。
空港へ着くと、急きょ帰りの便が変更に。
昨日に香港空港から日本へと帰る便は全て欠航となったため、
昨日帰れなかった人のぶんが全て今日に回されたためだといいます。
本来なら羽田空港に帰る予定だったのですが、場所も変わって帰りは成田空港へ帰ることに。
成田行の飛行機が出発するまでそれほど時間が無かったため、かなり慌ただしく飛行機に乗り込むことになりました。
飛行機に乗って数時間、成田空港へ到着。
成田空港から電車に乗って帰ろうとするも、電車がいつまで経っても来ない。
1時間ほど待ち、ようやく電車がやってくるも、かなりのスローな運転。
やはり地震の影響は尋常ではないことをようやく肌で感じることとなりました。
ようやく家に着いたのは夜の12時過ぎ。
旅の疲れもあり、かなりヘトヘトになってしまいましたが、親の言うことには、それでも地震のあった昨日よりはマシなのだとのこと。
親は地震のあった瞬間銀座にいて、家に帰るために数駅歩く羽目になったのだといいます。
ちなみに父は地震のあった日には会社に泊まることになったのだそうです。
そんな訳で香港旅行、最後は慌ただしくなってしまいましたが、旅行全体を振り返ると本当に楽しい旅でした。
しかし、香港から帰ってきてから1週間が経ちましたが、依然として関東でも余震や計画停電といった不安定な日々が続き、今改めて地震の与えた被害の大きさを実感しています。
先日俺は赤十字募金にいくらかのお金を募金してきました。
募金と節電、そのぐらいしか今の自分に出来ることはありませんが、それらをしっかりとやり、一日でも早く日本が元の状態に戻ることを祈っています。
最後に、香港での写真をもう数点ほど。
HONG-KONG street
銀座のような大通りから少し脇にそれるだけでこういった景色になる。 / GR1v BW400CN
HONG-KONG parasol
ランタオ島の片隅で。 / GR1v BW400CN