Monthly Archives: 10月 2010

GR PARTY

R0019129
この指輪を、あなたに贈る。
行ってきましたよ、GR PARTY!!
前の日記でも書きましたが、今年でリコーのコンパクトデジタルカメラ、GR DIGITALが発売して5周年らしいんですよ!それを記念して、「GR PARTY」なんて催し物が表参道ヒルズで開催されたのです。
会場では歴代GRの展示や、GRアクセサリーの販売、会場限定のファームアップ(カメラの終了画面のデザインが変わる)などなど、GR好きにはたまらない様々な企画が目白押しだったのですが、
なんといっても目玉企画は「表参道SNAPS」!!
写真家のハービー山口さん、横木安良夫さんと共に表参道の街中を歩きながら写真撮影を行い、撮った写真を講評してもらうという、大変刺激的なイベントなのです。
俺もこの表参道SNAPS、無謀にも参加してしまいました(笑
自分は横木安良夫さんの班に加わって表参道を歩きながら写真を撮影しました。
2時間半ほど街を歩いて撮影を終え、会場に戻った後、まずは自分で撮影した写真を見ながら「これだ!」というものを2枚選び、その2枚を横木さんに見てもらいながら最終的に1枚に絞り、その1枚をハービーさんと横木さんの2人に講評していただくといった流れでした。
で、最終的に自分が選んだ1枚が上に載せた写真だったというわけです。
うーん、ホントにこの1枚を選んで良かったのか?と今でも思う(笑
写真って、良い写真を「撮る」のも勿論難しいですが、撮った写真から良い写真を「選ぶ」のも、かなーり難しいですね。それを痛感しました。
で、肝心の講評はどうだったかというと?
「ロマンチックな写真だねー、ポストカードになりそうな写真」
「花が偏っているのがいいね、水の感じも今日ならではという意味でいい」(この日雨だったんです)
…などなど。いや、恥ずかしくてあまり書けませんね(笑
R0019198
俺の写真に限らず、他の参加者の撮影した写真を講評している内容を聞いても凄い参考になりました。
やっぱり写真家の方って写真を見る眼もけた違いで、見逃しがちな写真の良いところ、悪いところをサクサクと指摘していくお二人の講評は刺激的でした。
ちなみに、上の写真以外で俺が撮影したのはこんな感じ。
R0019073
R0019145
R0019172
R0019188
他の人から見たらどれが良いと感じるのか、気になるところです。
最後に、横木安良夫さんのお言葉の中で、特に印象に残ったフレーズを。
「はじめから良い写真を撮ろうとしなくていい。とにかく気になったものに対してシャッターをきっていく。すると写真を撮るのが楽になるし、偶発的に写真に何かが写りこむことがあってそれが結果として傑作になる」
R0019208
と、いうわけでGR PARTY、めちゃくちゃ楽しめました!!

北海道フォト(神威岬編)

HOKKAIDO
北海道フォト最後の1枚は、この旅で撮影した写真の中で一番壮大なやつで。
この写真は、北海道の小樽の近くに位置する積丹半島の「神威岬」から撮影したものです。
岬の上を延々と歩いたのですが、目の前には大海原、振り返れば上の写真のようなどこまでも広がる山々。
海風が強く吹き付け、髪の毛はぼさぼさで歩くのも一苦労。
まさに大自然の底知れないパワーを体感できる場所でした。
もー本当に風が強くて、しかも絶えず吹き付けてくるもんですから…引き返したころには頭痛くなってました…笑
今思い出しただけで若干頭が痛くなってくるぐらい凄い風だったんですよ!笑
ということで、長々と北海道のいろいろな写真を載せてみましたが、北海道、やっぱり俺は好きな場所ですね~。
来年もぜひ行きたい場所です。
ご飯の写真とかは載せませんでしたが、北海道では何食べても美味しかったな~。
ラーメンに海鮮に野菜にスイーツまで…全部最高の美味しさでした。
ああ、思い出しただけで涎が…笑
というわけで、北海道フォトでした。

北海道フォト(果てない大地編)

endless 1
終わりなき大地を見て、感慨に浸る
北海道、とにかく広いんですよね…というわけで、こんな景色がそこらじゅうで見られるんですよ。
もう、東京のビル群と比べると、同じ日本なのが信じられないレベルですよね。
空が広いんですよね、とにかく。
「どこまで~もっ 広が~るっ 空に~光が射して~♪」by GLAY/サバイバル
すいません、GLAYが好きなんで(笑
endless 2
次で北海道フォトもおしまいにします~。

北海道フォト(美瑛に吹く風編)

IMG_0021
空と大地と、1本の木
上の写真は美瑛にあります「哲学の木」という木を写した一枚です。
なんでも、斜めに立つ木の姿が物事を考え込んでいる哲学者のように見えるので哲学の木と呼ばれているらしいのですが…いくらなんでも哲学者には見えないような気が…笑
しかし、だだっぴろい大地に1本だけ木が堂々と立っている様は、感動的です。
Jack and Jill
こちらは「マイルドセブンの丘」と呼ばれている丘の写真です。
なんでも、昔マイルドセブンのパッケージにこの丘の写真が使われていたとか。
タバコ吸わないので全然わからないのですが、確かにパッケージに向いていそうな光景です。
IMG_0020
丘の周りはとにかくのどかで、ゆったりとした時間が流れます。
dirt and flower
丘に咲く花を発見。富良野の花とはまた違った、力強い美しさがあります。
次は、北海道の果てない大地の写真を載せる予定。