Posts in Category: RolleicordVb

さくら

sakura and you


すっかり時期は過ぎてしまいましたが、
このタイミングを逃すともう載せる機会がなくなりそうなので
桜の写真を載せてみました。
出産前に撮った写真なので、まだ妻のお腹が大きいです。


近所の公園に撮影に行ったのですが、
「出産前に屋外で撮れる最後の機会かもしれない」
と慎重になった結果、
中判カメラのMamiya7IIとRolleicordVbに加え
デジタル一眼のEOS30Dと、
計3台を首から下げながら
撮影をすることになり…。
大きな黒いカメラを3台も下げて歩く自分の姿を
近くを歩いていたカップルが見て、
「あの人、なんかカメラマンみたいだよ!」
とひそひそ話をしているのが聞こえてきて大変恥ずかしい思いをしました(笑


この写真が中々載せられなかったように、
出産のバタバタがあった結果
ブログに書こうと思って書けなかったことが結構ありまして。
そのうちのひとつが、
先日ON READINGにて開催されたポートフォリオレビューに参加したことです。
写真家の熊谷聖司さんに自分の写真を数点見ていただきました。
自分はポートフォリオレビューというものに
そもそも参加したことが無かったのですが、
通常のポートフォリオレビュー(プレゼンとしての要素を含む)より、
熊谷さんによるアドバイスに主点が置かれているため、
きっと何か得る物があるだろう!と参加をしたのでした。


その内容を詳しく書くことはしませんが、
結果としては本当に楽しく刺激的な経験でした。
中でも印象に残っているのは、
写真を撮ることも大事だけれど、
ただ撮るだけではなく「何を人に見せるか」
逆に「何を人に見せないか」もとても大事だということ。
撮影をしては除き、の繰り返しで
ようやく自分ならではの作品が見えてくるということです。
そして、変なことを考えすぎないということ。
背負う必要のない余計なものを背負って写真を撮る必要はないということです。


ポートフォリオレビューに参加した時はまさに
写真について悶々としていた時期でして、
「自分にとって写真ってなんなんだろう…」
「自分らしい写真はどうやったら撮れるんだろう…」
と思いながら試行錯誤を繰り返していたのですが、
肩の重荷がとれたといいますか、
余計なこと考える前にまずは楽しむことが第一だろうと
思うようになりました。
そうして多くの枚数を撮っていくうちに、
突破口が見えてくるのではないかと思います。


頭の中の小さい部屋で自分との対話を繰り返しているだけでは、
状況は何も変わらないですからね。
これは何も写真に限ったことではなく、
様々なことに言えるような気がします。
まずはその部屋を出て、外の世界を歩くことが大事なのではないかと思います。

誕生

birth


かなり久しぶりの更新となってしまいました。
というのも、ここ最近バタバタとしておりまして…。
そうなんです、上の写真の通り、遂に子どもが産まれたんです!!


実は4月17日に産まれていました。
予定日は5月4日だったので、予定日より2週間ほど早い誕生だったのですが、
元気に産まれてくれました。
僕も最初から最後まで立ち会いましたよ〜。
赤ちゃんが産まれた瞬間の感動は、
映画や本で受ける感動とはまったくの別物ですね。
ひとつの生命がこの世に産まれ、産声をあげるということがこんなにドラマチックなものだとは…。
正直血を見たりするのがあまり得意では無かったので立ち会いには少し不安な面もあったのですが、
今では立ち会って良かった!と思います。
上の写真は、まだ分娩台の上ですから、産まれて本当に間も無い時の写真ですね。


赤ちゃんが産まれてからというもの、
早速興奮して写真を撮りまくり、
大量のフィルムを使ったものの現像に出しに行く時間がないため郵送でお願いし、
昨日ようやくそのフィルムを受け取ることが出来たのでした。
せっかくなのでこのブログではフィルム写真とともに報告をしようと思っていたら、すっかり遅れてしまいました。


これからは子どもの写真がちょくちょく出てくるかと思いますが、温かい眼で見守って下さい!

感光

feel shine



こんばんは!
先週末は、実家に法事で帰っていました。
今回は一人での帰省だったので、
法事のついでに昔学生だった頃に行っていた場所を
久しぶりに見てみようかと思い、
原宿を訪れました。


大学生の頃は垢抜けようと必死で
原宿に行って服を買ったり
美容院に行ったりしていたのですが(そして結局垢抜けはしなかった)、
岐阜に来てからは全く行かなくなった場所、原宿。
久しぶりに行くと、
唯一無二の場所なんだなぁということを実感してしまいました。

3人

meet



こんばんは!
昨日、日曜日をもって
無事に企画展「投銭」が終了しました!
改めて今回の展示について説明をしますと、
総勢18人がそれぞれ1作品ずつを出展し、
来場者はもし気に入った作品があれば
その作品に対して「投げ銭」、
つまりお金を投じることが出来るようになっています。
もちろん誰にもお金をいれずに帰ることも出来ます。


まず結果から発表しますと、
期間中僕の作品に集まったお金は1,506円でした。
順位は上から4番目でした。
特にお金をいれたからといって何かが貰えるわけでもないのに、
こうしてお金が集まったということに驚くとともに、
入れて下さった方には感謝の想いしかありません。
本当にありがとうございました!


今回僕がなぜこの企画展に参加したのかということですが、
まず元々僕は今回の投銭が開催されたギャラリーで
個展もしくは妻との合同展を開きたいと考えていたのですが、
妻の妊娠もあり、時間的にも気持ち的にも
そこまでの余裕はないかな、ということで中止になったという経緯があります。
そんな中、この企画展が発表されたため、
この企画展ならばそこまでの負担にならないだろう、と思い参加をしたのでした。


また、最近自分の写真に何か足りてないという感覚がありまして、
それを打開するきっかけのようなものが掴めないかという思いもありました。
今回のコンセプトからして出展者はそれぞれの力作を出展するだろうし、
その中で自分の写真がどう見られるのかが気になりました。


そんな思いで参加したこの企画展ですが、
振り返ってみれば緊張ばかりでした…。
結果が発表される前は自分の順位が気になって仕方がなかったです…笑
わかったらわかったで、4位という順位は嬉しいような悔しいような…。
ちなみに他の方の金額ですが、
誰かが突出しているというよりは結構横並びに近かったです。
しかし、人によっては小銭が多い人(=多くの人が少ない金額を投銭した)、
お札が少し入っていた人(=少しの人が多い金額を投銭した)と微妙に別れていたりして、
そこが興味深いかな、という気がしました。
ちなみに自分はどちらかというと前者だったと思います。


今回の展示で何か次につながるきっかけが掴めたかというと
正直まだよくわかっていないのですが、
自分の写真のどこが良くでどこがダメなのかが
少しだけ見えてきたような気がします。


これからも写真を楽しみながら、
より良い写真が撮れるよう、邁進したいと思います。
ありがとうございました!!

仰ぐ

hole



僕も参加する公募型企画写真展が
いよいよ今月28日からスタートします。
以前の記事でも書きましたが、今回僕が参加する企画展のテーマは「投銭」!
これはいわゆる大道芸のシステムを写真展でもやってみようということでして、
企画展に来ていただいた方がもしお金を払ってもいいと思えるほど
好きになった作品があれば、
それぞれの作品の前にあるボックスにお金をいれることが出来るというもの。
もちろん強制ではないので、展覧会自体は無料で楽しめます。


総勢18名が参加する今回の写真展、
作品としてのテーマは決まっていないため、
非常にバリエーション豊かなものになると思います。
作品の形態はプリントかブックかのいずれかで、僕はブックで出展します。