Posts in Category: PRO400H

都市、自然

a little nature


明日より(日付的には本日より)、地元の千葉県へ帰省します。
子どもを連れての初めての遠出になるので、
若干の不安はあるのですが、
とりあえずのんびりと行動しようかと思います。
自分の祖父母と息子が対面するのは初めてなので、
はやく子どもの顔を見せてあげたいですね。


息子は最近、泣き声とも違うような、よくわからない言葉を発するようになりました。
いわゆる喃語というのでしょうか、
機嫌が良い時に「あうー」「んでー」といった感じのことをよく喋るんです。
これがいずれはちゃんとした言葉になっていくのかと思うと、
今からその日が待ち遠しいです。
子どもの成長スピードは本当に著しく、
ちょっと油断しているとあっという間に変わっていくので
写真の撮りがいがありますね(笑

隙間

little green


今年の秋、11月に名古屋の伏見にある小さなギャラリーで個展をすることになりました。
まだ取り敢えずの日程しか決まっていないので、
諸々決まってからまたちゃんとした形でお知らせをしたいと思います。
本当に待ち望んでいた、念願の個展開催なので、
自分で納得できるものになるよう、頑張ります!


最近になって遂に映画館で「アナと雪の女王」を観てきました。
もう社会現象と呼ばれるまでにブームになった映画なので、
さすがに気になってしまい…。
あんまりネタバレになるようなことを書くのもよくない気がするので
ざっくりとした印象を述べると、
ディズニーの持つパワーを体感したような感じでした。
本編が始まる前に、「ミッキーのミニー救出大作戦」という白黒映画が流れるのですが、
これのクオリティからして凄かったですからね。
勿論本編もとにかく勢いが凄い!
ストーリーは正直それほど他の映画と比べて秀でているという感じではなく、
冷静に物語だけを追ってしまえば結構突っ込みどころがあったりもするのですが、
それを気にさせないぐらいの素晴らしい演出と音楽。
エンターテイメントとして非常に完成度が高い映画でしたよ。
純粋に見ていて楽しい映画なので、
社会現象になるほど人気が出た理由もわかったような気がしました。

陽光を浴びながら

shiny


息子は最近よく笑ってくれるようになりました。
いやー、息子は何をしていても可愛く見えてしまうのですが、
やはり笑顔は格別です。
心身の疲れを吹き飛ばしてくれるような威力があります。


ところで、息子が産まれたことで
昔自分が幼い頃に触れたものに
改めて接する機会が増えてきました。
それは例えば絵本であったり、童謡であったり…。


しかしそれらを今大人になった自分の目線から見ると、
昔には気が付かなかった側面が見えてくることがあります。
例え子供向けのものであってもその作り手は大人です。
その作り手が子どもへ向けて込めた想いのようなものが、
今になって伝わってくることがあります。


例えば童謡「ぞうさん」の歌詞。
幼いころは「あー、ぞうって鼻が長いのか」という感想しかありませんでしたが、
今になって改めて歌詞を見てみると、
それ以外の要素…家族愛、個性の素晴らしさといったものが浮かび上がってきます。
母親の象のことが大好きで、
そんな母親と同じ長い鼻をもっていることを誇らしげに話す子どもの象。
恐らく作詞家のまどみちおさんは、
この歌を親子で仲良く歌っているようなシーンを想像しながら書かれたのではないでしょうか。
そして、調べたところによればこの歌には、
自らの差異を肯定することの大切さについても込められているのだそうです。
他とは違う長い鼻をコンプレックスに感じることなく誇る像。
あのとても短い歌詞の中にこれほどの想いが詰められていたなんて…と驚くばかりです。


子供向けに作られた数々のものには、
必ずその作り手が子どもへ向けた想いが込められています。
「ぞうさん」のようにメッセージ性を含んだものだけではなく、
とにかく子どもに楽しんで笑顔になってほしい、
子どもに色々な世界を知ってほしいなどなど、
そのバリエーションは様々ですが、
それら作り手の想いをイメージしながら
親から子どもへ伝えることで、
親自身も色々な発見が出来るような気がします。

まなざし

glance


先日、名古屋の東山公園駅近くにある、ブックストア&ギャラリーの「ON READING」に行ってきました。
何度も行っているお店ですが、今回の目的は開催されていたサンナ・クヴィストさんの写真展、「10万匹の蛍」を観るためでした。
DMの写真がとても良く、前から気になっていたのですが、
実際に見てみるとこれがまた素晴らしい展示!
透き通るような透明感、そしてどことなく漂う儚さ。
サンナ・クヴィストさんはスウェーデン出身のフォトグラファーなのですが、
北欧の写真家が撮る作品は上記のような特徴が
けっこう共通して挙げることが出来るのではないかと思います。
僕はかなり好きですね。
今回の展示作品も収録されている写真集もしっかりゲットしてきました!


写真つながりの話で、
先日大須にある写真屋さん、rainrootsでのワークショップにて、
カラープリントのパネル貼りを行ってきました。
パネル貼りとは、木製のパネルに写真を貼り、
立体感を出すことで作品としての存在感が増すことを目的とするものです。


そんなわけで、単純に木のパネルに写真を貼るだけなので
簡単なように思えるのですが、
ことカラープリントについてはけっこう面倒で手間がかかるものであったりします。
というのも、写真も紙なので湿気によって微妙に伸びたり縮んだりするので、
そのまま両面テープや糊などでパネルに貼ってしまうと、
貼った瞬間は良くても時間が経つと写真が波打ってしまったりするのです。


モノクロの場合は、写真をプリントする印画紙を
一般的なRC紙からバライタ紙に変え、
水張りという方法を使ってパネルに貼ることでその問題を解消できるのですが、
カラーの場合はバライタ紙がなく、その方法は使えません。


そこで、今回のワークショップでとった方法は、
RC紙にプリントをした後にプリント面の裏側のポリエチレン層を手で無理やりはがし、
水につけた後にバライタ紙と同様に水張りを行う方法でした。
以下、自分の復習もかねてその内容を書いてみます。


そもそも水張りというのは、
水を含んだ状態で膨張している紙をパネルにペタリとかぶせ、
パネルの横面に紙を折り込んでステープラ(ホチキスのようなもの)でバチンととめ、
その上から水張りテープをぐるりと一周貼る…というような感じで行います。
すると、水が渇いた時の紙と水張りテープの収縮によって、皺がない写真になるんです。
ところがRC紙の場合は紙だけでなく裏紙としてポリエチレン層があるため、
水を含んでも綺麗に紙が伸びてくれません。


そこで、そのポリエチレン層を無理やり剥がして水張りを行ってしまおう、というのが
今回のワークショップの内容でした。
まずは写真の四隅のいずれかを手でいじるような感じで、
表紙の層と裏紙の層にわけます。
後はそこをとっかかりに紙をはがしていくのですが、
力加減を失敗すると裏紙が途中で破れてしまい、
また別の四隅からはじめる羽目になってしまいます。
コツは、裏紙をはがすさいに指を表紙と裏紙の間にすべりこませるようにして、
慎重に作業を行うことです。
無事に裏紙をはがし終えたら、写真を水にひたして膨張させ、
あとはバライタ紙同様に水張りを行って完成です。


これのメリットとしては、バライタ紙同様の水張りが出来るので
成功すればその後よほど湿度の高い場所に置かない限りは写真が波打つことはありません(多分)。
デメリットとしては、裏紙をはがす時に失敗して写真自体の厚みが凸凹になってしまう恐れがあったり、
裏紙をはがしすぎて写真が薄くなり、木製パネルの色が写真に影響してしまうことがあるということです。
また、写真の大きさが大きければ大きい程裏紙をはがすのが難しくなります。
ワークショップを終えた時点での感想としては、
六つ切りまでならいけそうですが四つ切り以上のサイズになると中々苦労しそうな気がします。
慣れれば出来るようになってくるのかもしれませんが…。


そんなわけで、カラープリントのパネル貼りについて書いてみました。
完成したものを見ると、やはりパネル貼りされた写真は存在感があってとても良いです。
これは今後もちょくちょく挑戦してみたいな、と思えるものでした。

煌めき

stargaze


息子の世話をしていると、大変さを感じるとともに、
やはり愛おしさ、情愛を感じます。
自分にも父性、もしくは男としての母性があったんだなぁと思う訳です。
まだ息子は喜怒哀楽もハッキリしていないですし、
人の区別もついていないのですが、
時折にっこりと笑うような表情をすることがあり、
運よくそんな瞬間を見れた時はとても幸せな気持ちになれます。


ところで、ここ2、3年ぐらいでしょうか、
「イクメン」という言葉が使われるようになってきました。
意味としては「育児に積極的な男性」のことになると思うのですが、
厚生労働省の掲げるイクメンプロジェクトの概要をみてみると、
狭義では「育児休暇を取得し、子育てに参加する男性」を指すともいえそうです。
国としては女性が働き続けられる社会を目指しており、
そのためにも男性が育児に参加することを推進しているわけですが…。


自分の周りにも何人か子どもが産まれ、
子育てを楽しんでいる男性はいるのですが、
今の所、育児休暇を取得した人には会ったことがありません。
男性の育児休業取得率は2%弱ですから、
100人に1人ぐらいなのだと思えば会ったことがないのも当たり前かもしれません。
それは制度の問題うんぬんではなく、
日本を取り巻く風潮、さらに言えば文化が原因なのではないかと思います。
男性が外で働き、女性は家庭を守る、という文化です。
これはもう、ちょっとやそっとで変わるものではないと思います。


しかしまあ、子どもが産まれてわかりましたが、
育児というのはやはり相当な大変さがあります。
仕事と比べてもどっちが大変かと言われたらわからないぐらいです。
これを妻だけに押し付けるのは酷。
やはり男性も育児に参加することは、
女性の社会進出うんぬん以前に人として大事なことのように思えます。


そんな訳で、まだまだ男性が育児に積極的に参加をする文化が根付くには
遠い道のりだといえるのかもしれませんが、
少しずつそういった社会になっていけばいいなぁと思う今日この頃です。