Posts in Category: PRO 400

さくら

sakura and you


すっかり時期は過ぎてしまいましたが、
このタイミングを逃すともう載せる機会がなくなりそうなので
桜の写真を載せてみました。
出産前に撮った写真なので、まだ妻のお腹が大きいです。


近所の公園に撮影に行ったのですが、
「出産前に屋外で撮れる最後の機会かもしれない」
と慎重になった結果、
中判カメラのMamiya7IIとRolleicordVbに加え
デジタル一眼のEOS30Dと、
計3台を首から下げながら
撮影をすることになり…。
大きな黒いカメラを3台も下げて歩く自分の姿を
近くを歩いていたカップルが見て、
「あの人、なんかカメラマンみたいだよ!」
とひそひそ話をしているのが聞こえてきて大変恥ずかしい思いをしました(笑


この写真が中々載せられなかったように、
出産のバタバタがあった結果
ブログに書こうと思って書けなかったことが結構ありまして。
そのうちのひとつが、
先日ON READINGにて開催されたポートフォリオレビューに参加したことです。
写真家の熊谷聖司さんに自分の写真を数点見ていただきました。
自分はポートフォリオレビューというものに
そもそも参加したことが無かったのですが、
通常のポートフォリオレビュー(プレゼンとしての要素を含む)より、
熊谷さんによるアドバイスに主点が置かれているため、
きっと何か得る物があるだろう!と参加をしたのでした。


その内容を詳しく書くことはしませんが、
結果としては本当に楽しく刺激的な経験でした。
中でも印象に残っているのは、
写真を撮ることも大事だけれど、
ただ撮るだけではなく「何を人に見せるか」
逆に「何を人に見せないか」もとても大事だということ。
撮影をしては除き、の繰り返しで
ようやく自分ならではの作品が見えてくるということです。
そして、変なことを考えすぎないということ。
背負う必要のない余計なものを背負って写真を撮る必要はないということです。


ポートフォリオレビューに参加した時はまさに
写真について悶々としていた時期でして、
「自分にとって写真ってなんなんだろう…」
「自分らしい写真はどうやったら撮れるんだろう…」
と思いながら試行錯誤を繰り返していたのですが、
肩の重荷がとれたといいますか、
余計なこと考える前にまずは楽しむことが第一だろうと
思うようになりました。
そうして多くの枚数を撮っていくうちに、
突破口が見えてくるのではないかと思います。


頭の中の小さい部屋で自分との対話を繰り返しているだけでは、
状況は何も変わらないですからね。
これは何も写真に限ったことではなく、
様々なことに言えるような気がします。
まずはその部屋を出て、外の世界を歩くことが大事なのではないかと思います。

朝の写真

good morning


我が子が産まれたのは、朝の7時前でした。
ちょうど1日のはじまりと共に産まれた感じがして、
いい時間帯だなぁと思ったものです。
写真は、産まれたあと、窓から差し込む朝日を撮影したものです。


子どもが産まれて、
何気にもうそろそろ一ヶ月になろうとしています。
産まれたばかりの頃の子どもは殆どの時間眠っていて
あまり泣くこともなかったので、
「自分の子は大人しい子どもなんだなあ」
なんて思っていました。
しかし産まれてから3週間目にさしかかる頃からでしょうか、
体力がついてきたのかしっかりとぎゃん泣きするようになりました。
昔自分の両親が
「あなたの赤ちゃんの頃は、抱っこしていて寝ていても、
ベッドに置くとあっというまに泣き出して大変だったわ~」
なんて言っていましたが、
今となってはその気持ちがとてもよくわかります。
腕の中ですやすや眠っている我が子をベッドに置いた瞬間、
通称「おしりセンサー」が敏感に変化を察知し、
とたんにジタバタしながら泣きだすのです。


妻は今は実家に戻って子どもの面倒をみているのですが、
夜はそれはもう大変なようです。
寝たと思いきや起き、の繰り返しで殆どぐっすりと寝れないとのこと。
これはお母さんというのは本当に偉い存在だ!と思わずにはいられません。
せめて週末ぐらいは自分が夜の面倒をみて、
妻をたっぷり寝かしてあげたいなあと思います。

誕生

birth


かなり久しぶりの更新となってしまいました。
というのも、ここ最近バタバタとしておりまして…。
そうなんです、上の写真の通り、遂に子どもが産まれたんです!!


実は4月17日に産まれていました。
予定日は5月4日だったので、予定日より2週間ほど早い誕生だったのですが、
元気に産まれてくれました。
僕も最初から最後まで立ち会いましたよ〜。
赤ちゃんが産まれた瞬間の感動は、
映画や本で受ける感動とはまったくの別物ですね。
ひとつの生命がこの世に産まれ、産声をあげるということがこんなにドラマチックなものだとは…。
正直血を見たりするのがあまり得意では無かったので立ち会いには少し不安な面もあったのですが、
今では立ち会って良かった!と思います。
上の写真は、まだ分娩台の上ですから、産まれて本当に間も無い時の写真ですね。


赤ちゃんが産まれてからというもの、
早速興奮して写真を撮りまくり、
大量のフィルムを使ったものの現像に出しに行く時間がないため郵送でお願いし、
昨日ようやくそのフィルムを受け取ることが出来たのでした。
せっかくなのでこのブログではフィルム写真とともに報告をしようと思っていたら、すっかり遅れてしまいました。


これからは子どもの写真がちょくちょく出てくるかと思いますが、温かい眼で見守って下さい!

朝市

morning matket



高山といえば、朝市です。
多くの人でにぎわい、元気な声が飛び交う朝市は活気にあふれる場所。
恐らく夏場だと更に賑わっているのだろうと思うのですが、
自分たちが行った時もそこそこの数のお店が出ていましたよ。
高山に到着したときは11時ぐらいで、
朝というよりはどちらかというと昼だったのですが、
ギリギリお店で買い物をすることも出来ました。


delicious!


近くであった和菓子屋さんで買ったおまんじゅうを、
とても美味しそうに食べる妻。
妻は美味しいものを食べるとき、
本当に美味しそうな顔をして食べるのが素敵なところです。

雪と点景

people and dogs



こんにちは!
もう3月も終わりですね。
ついこの前まで寒かったですが、
ようやく暖かくなってきてすっかり春だなという感じです。
それに伴い、花粉もしっかり飛んでおります…笑
目が…目がぁ~!


もう3月を越えたら雪の写真を載せるタイミングを完全に逃すな、
と思い今回は雪の写真です。
先々週ぐらいに妻と旅行に行ってきまして。
飛騨古川に旅館をとり、その途中で高山に立ち寄って観光をしたのですが、
いやーいいところでした!
妻が妊娠中ということもあり、
あまりたくさんは動けないし…と思っていたのですが、
なんだかんだ二人ではしゃいでしまって色々と見れた感じでした。


そんな高山に旅行に行った際に撮った写真をどんどん載せていこうと思うのですが、
今回の写真は高山までの高速道路の途中にある、ひるがの高原SAの写真です。
行きも帰りも寄ったのですが、
行きに寄った下り線の方は中々眺めが良くて気持ちのいい場所で、
帰りの登り線の方は雪原の景色と、充実したおみやげコーナーが楽しい場所でした。
上の写真は行きに寄った際に撮影したものですね。
犬をつれた団体さんや、海外からの団体旅行客もいて、賑やかでした。
高山に車で行かれる際はここで一休憩するといいんじゃないでしょうか。


smile

こういった写真もストレートに良いですよね。これも行きに撮ったもの。
今現在はもっとお腹が大きくなっています。