夏物語

smile!
夏の音を聴きながら、一枚

こんばんは、ほしです!
箱根旅行、二日目は「箱根彫刻の森」へと行ってきました。
ここは屋外に彫刻作品が点在しているアートスペースで、
写真を撮るのにも最適な場所なのです。
天気も晴れていて、しっかりと写真を撮ってきました!
先程その写真のスキャンが全て終わったのですが、
中々良い感じに撮れていましたよ~。よかったよかった。
またブログにどんどんと載せていきたいと思います!
そんな彫刻の森では、ちょうどワークショップが行われていて、
白いビーチサンダルに絵を描いてみようという内容でした。
こういう催しに参加するのが大好きな自分、
今回もバッチリ参加しました!
ビーチサンダルに動物の絵を描きまくりましたよ~。
ちなみに、自分が描く絵は、もれなくマンガチックです。
リアリティのある絵は、いかんせん上手く描けないのです…。
完成したビーチサンダルは恋人にプレゼントしました。
恐らく使われることはないでしょう(笑
そんな感じで彫刻の森を堪能してきたのですが、
彫刻の森の最寄駅へと走る「箱根登山鉄道」が中々に面白かったです。
この電車はスイッチバック方式という仕組みを使って急な山を登っているのですが、
スイッチバックということで、合間合間で走る方向が逆になるんです。
ジグザグに上へ登るイメージです。
電車に乗っていて、何度も進行方向が変わる経験なんてそうないので新鮮でした!
また1日目に乗った登山鉄道の車掌さんが愉快な方でして、
まるでディズニーランドのジャングルクルーズさながらに
ちょっとしたジョークを交えつつ箱根を紹介してくださって、
非常に楽しく移動できました。
「夏の暑さでアジサイがいくらか元気がなくなっていますが、そういうアジサイへは目を向けないようにしてください、それが優しさです」
「この踏切は箱根駅伝の際には、電車よりランナーを優先することで有名です。去年は10分も止まりました」
などなど、自由奔放なアナウンスが社内に響いていたのでした。
ひょっとして登山鉄道にはそういったマニュアルがあるのでは!?と思いましたが、
次に乗った時は、まるで普通な感じでした。
あの車掌さんだけ特別なのですね…落合さんありがとう!笑
そんな訳でお盆休みはすっかり満喫できました!
気が付くともう夏も終わりが見えてきましたね~。
個人的には秋のすごしやすい気候と、秋ならではの雰囲気が好きなので、
秋がやってくるのが楽しみです(笑
しかしそんな自分でも、やっぱり夏の終わりはどこか淋しくなってしまうものですね。
子供の頃は夏休みが終わるのがとにかく嫌だったなぁ(笑

2 Comments

  1. 返信
    のだ・ゆき 2012年8月29日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    箱根登山鉄道、箱根湯本~強羅間の何度も方向を変えて山を登るスイッチバックが有名ですが、ちょっと前までは小田原~箱根湯本間はレールが三本ありまして、線路の幅が違う小田急の車両が乗り入れ、相互運転をしておりました。今はレールを二本に引き直し小田急車両のみの運転となりました。

  2. 返信
    ほし 2012年8月30日

    SECRET: 0
    PASS: a41325d745580851a25997fa5c525056
    >のだ・ゆきさん
    コメントありがとうございます!
    箱根登山鉄道はそんな歴史もあったのですね~。
    旅先でローカルな鉄道に乗ると、その土地の空気感のようなものがわかる気がします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>