次はどこへ行こうかな

planning
どこへ行ったって、きっと素敵な思い出 / RolleicordVb PORTRA400

前回の記事の続きです。
ベネッセハウスのテラスレストランは、ランチがバイキング形式で約3000円とそれなりにしたのですが、
ロケーションとお店の雰囲気がとにかく素敵だったので「えいやー!」と勢いで突入しました(笑
実は数年前、家族で直島に来たときもこのレストランで昼食をとったのですが、
その時より美味しくなっていた気がします。
シェフの腕が上がったのか、はたまた自分の味覚が変わったのか…笑
とにかく、直島の海を見ながら美味しいご飯が食べられ、至福のひとときを過ごしたのでした。
昼食後は、直島の代名詞的存在、草間弥生さんの「南瓜」を見に行きました。
直島といえばこれ!というほど有名なシンボルであるため、
南瓜の前には写真撮影待ちの人の列が。
一緒に写真を撮るために並ぶなんて、ミッキー以外で久しぶりに見ました(笑
もちろん自分たちも並んで、写真をしっかり撮ってきましたよ!
その写真はこちら
南瓜の前でしっかり写真を撮影した後は、ベネッセハウスの美術館の中をササッと見て、
いよいよ「地中美術館」へ!!
そのほとんどが地中へ埋まっているこの地中美術館は、
照明にも自然光を多く取り入れている、まさに自然と共にある美術館。
そのため、天候や時刻によって、様々な姿を楽しむことができます。
この地中美術館は元々、クロード・モネの「睡蓮」のために作られただけあり、
モネの睡蓮の絵が飾られた部屋は圧巻の一言でした。
大きな睡蓮の絵と、それを飾るためだけに作られた部屋。
その部屋の中は自然光で満たされています。
その圧倒的なまでに完成された空間の中、
自分はただただその場に立ち尽くしてしまいました。
モネは睡蓮の絵を何百枚も描いていますが、
あれほどすばらしい環境で睡蓮の絵を堪能できる場所もそうは無いのではないでしょうか。
地中美術館を閉館時間たっぷりまで堪能した後は、
またまたギリギリで最後のバスに乗り込み、直島を後にしたのでした。
振り返ってみると、直島ではまさにリゾートのような楽しみ方をした気がします。
海を見て、美味しいご飯を綺麗な場所で食べて、のんびりと散歩して…。
豊島とはまた違った魅力に溢れていた、そんな島でした。
2日目は広島県にある、尾道という街にあるホテルに宿泊することになっていました。
尾道…なにやら聞いたことが無く、どのような街なのか皆目見当がついていませんでしたが、
とりあえず旅の疲れをぐっすり寝て癒そう!と、ホテルへと意気揚々と向かいました。
しかし、そのホテルで、自分は大変な目にあうことになったのです…。
つづく!

2 Comments

  1. 返信
    cokusan 2012年6月12日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いまっちゃんの笑顔がまぶしい。
    撮られてることを気にしない人の笑顔はいいもんだね。
    二人の仲のよさも感じるね♪
    たとえ、変顔あってもいい思い出になりそう。
    李さんの美術館は私が行ったときは準備中だったので、行けず。
    ベネッセのあたりは晴れてたら本当に気持ちいいだろね~!
    私も地中美術館の睡蓮の作品の大きさにびっくりしたな。
    有名は絵画はだいたい小さいと思ってたので、日本にあれだけの作品があるなんて驚いた。
    あと神殿?とタレル作品にショックを受けたな。
    モネと安藤忠雄さんといえば、
    こちらもあるよ。
    モネのインパクトはイマイチだけど、雰囲気はいいよ。
    大山崎山荘美術館
    http://www.asahibeer-oyamazaki.com/
    いまっちゃんのがしいかもw

  2. 返信
    ほし 2012年6月17日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >cokusanさん
    さゆりさんは、写真で自分が変な顔で写っていたりすると、普通に嫌がります(笑
    自分としては、cokusanさんの言うとおり、変な顔も良い思い出なんだけどなぁ。
    この写真は、まさに旅!って感じですよね。いい旅の思い出になりました。
    今回直島はホントに良い感じに晴れたので、凄く気持ちが良かったです!
    帰ってからの写真を見ても、直島の写真は総じて爽やかでした(笑
    地中美術館の作品はどれも素晴らしいですよね~。
    モネの睡蓮にどれだけ圧倒されたかは本文で書きましたが、
    タレルの作品もかなり個人的には好きでした。
    直島ならではのアートっていう感じもします。
    大山崎山荘美術館、行ったことがないので行ってみたいです!
    情報ありがとうございます~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>