空に咲く花

Flower on the sky
透明になった感性 / RolleicordVb PRO400

前回の記事の続きです。
少女の後をついていくと、清水という神社にたどり着きました。
その神社で少女と3人でマジカルバナナ(バナナといったら黄色、黄色といったら…のアレ)
をして遊んだりしていたのですが、
この少女がまたワガママな子供でした(笑
恐らく小学校中学年から高学年ぐらいの子供だと思うのですが、
背伸びをしたい年頃なのか、色々と話をしても
「そんなの知ってるもん!」「え~つまんない~」といった反応…笑
しかしその天真爛漫で心のままに生きている感じが、何故か可愛くも思えたのでした。
後に、あんまりにも少女の振る舞いが自由だったので、
自分と恋人の間で「あの少女は実は神社に住む妖精だったのではないか」という
「清水の妖精説」が浮かび上がってくるほどでした(笑
そんな妖精ですが、2人も揃って得体のしれないカメラ(自分はローライコード、恋人はハッセルブラッド)
を首から吊るしていたこともあり、カメラにも興味津々。
「撮らせて!」と言うので、自分のローライコードで写真を一枚撮らせてあげました。
それが現像出来たのがコチラ
普通に良く撮れていてびっくり!妖精おそるべし…。
露出は自分があらかじめ合わせていたとはいえ、水平をとるのが難しいローライコードで、
バッチリ水平がきまっています。構図も素敵。
やっぱりあの子は本物の妖精だったのでしょうか(笑
しばらく経った後、ようやく島キッチンの順番がまわってきたということで、
妖精とはお別れしてお昼ご飯へ。
島キッチンでの食事は島ならではの素朴な味わいが感じられ、
ほっと体に沁みこむような美味しさでした。
美味しい食事を堪能した後は、豊島のメインスポットである
豊島美術館」へ。
豊島美術館は一般的な「美術館」とは一線を画した美術館で、
建築物そのものがひとつの巨大なアートとなっているんです。
撮影不可なので中の様子はお伝えできないのですが、
あれは写真では伝えきれない魅力に溢れている美術館なので、
アート好きな方は是非一度肌で直接感じていただきたい、そんな素敵な場所でした。
ましてや言葉ではその魅力は伝えようがないぐらいですが、
あえて言うなら、静かな空間で自然の持つ大きなパワーを感じることができる、
言うならば禅に近いような体験ができる、そんな美術館でした!
また、豊島美術館にはその建造物にたどり着くまでのちょっとした散歩道のようなものがあり、
その道がまた素敵でした。
今回の記事の写真もその散歩道の途中に置かれていた、
ピカピカの椅子を使って撮影したものです。
空が良い感じに写りこみ、不思議な雰囲気の写真を撮ることが出来ました。
豊島美術館を堪能した後は、「心臓音のアーカイブ」という小さな美術館へ。
すっかりアートを満喫していた自分たち2人でしたが、
ひとつだけ大事なことを忘れていたのでした。
それは、帰りのバスの時間!
危うく島内を回るバスの最終便に乗り遅れそうになり、
走ってなんとかバスに駆け込んだのでした…笑
あれに乗れなかったら、何時間かかけて島内をさまよう羽目になったかもしれないと思うと、恐ろしい…!
つづく!

2 Comments

  1. 返信
    cokusan 2012年6月12日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    豊島も見所あるんだね!
    瀬戸内芸術祭ではパスしてしまったよ。
    妖精の撮った写真、構図も考えられてるぢゃん・・・・。恐ろしや。
    散歩道の写真、素敵だなぁ。人いっぱい並べて撮りたい!
    「旅に出ました」の時とスカート違うのかな?散歩道はふんわりに見える。
    クリスチャン・ボルタンスキー!
    私には何か怖いけど、印象深いアーティストです。妻有で見た?(体感したよ)。
    「透明になった感性」
    瑞々しいね。女性っぽいけど、私は好きです!ガラスに映った空を撮ってるのかな?
    いっぱいになっちゃった(^^;)

  2. 返信
    ほし 2012年6月17日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >cokusanさん
    豊島もかなり見どころいっぱいでしたよ!
    直島より良い意味で生活感があって、良かったです~。
    豊島の妖精の写真は凄いですよね(笑
    どんな写真が撮れてるかな~と現像して出てきたのがこれだったので、普通にビビりました(笑
    スカートは、旅に出ましたの時と同じですよ~。風の影響かな?
    ボルタンスキーさんの作品、
    時間があまりなくて、じっくり堪能できなかったんですよね…。
    しかし、短時間ながら確かにかなりの迫力を感じました。
    写真も褒めてくださってありがとうございます~!
    銀色のイスに映った空を撮りました。
    この写真は自分の狙い通りに撮れたので、けっこうお気に入りです(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>