ひつじ界1のオシャレ

nice fashion!
この帽子がトレンドなのさ / RolleicordVb PORTRA400

こんばんは、ほしです!
ただいま実家(千葉県)からブログを更新しております。
明日、武道館でGLAYのライブがあり、それに行くために戻ってきているのです(笑
先週の日曜日ですが、またまたローザンベリーに行ってきました!
今回は写真仲間4人で賑やかに楽しんできました~。
12時から行われる毛刈り体験を少し楽しみにしていたのですが、
ローザンベリーに行く前にちょっとしたお花見をしてみたところ、
予想以上にお花見が盛り上がり、
ローザンベリーに着いたのは14時近くに。
ひつじのレースをなんとかギリギリで見れました(笑
お花見は恋人の実家の裏にある並木道で行ったのですが、
花見スポットというわけではないので、お花見をしている人は自分たちだけ。
しかし桜はなんとも綺麗で、桜吹雪を満喫しながら、じっくりと写真を撮ることが出来たのでした。
しかし、桜を撮るのって難しいですよね~。
自分は、桜に限らず花火だとかお城だとか、
「普段写真を撮らない人でも思わず携帯のカメラで写真を撮るようなもの」
を撮るのが非常に苦手なのです…。
写真の要素を「何を撮るか」「どう撮るか」にわけるとすると、
「どう撮るか」の力がまだまだ自分には足りないんだなぁと思わされました。
その点、川内輪子さんの写真集「花火」はさすがの素晴らしさですね。
ローザンベリーに到着すると、
ひつじ達はもう全体の2/3近くが毛刈りされた後の姿に。
なんというか、もう別の生き物みたいになってました(笑
ぼってりした感じだったのが、毛刈りした後はやたら細身。
どれだけ毛の量が多かったのかが一目でわかりました。
そして、前述した「ひつじのレース」ですが、
前回に引き続きまたも1等のひつじを当ててしまいました。
しかも、ひつじのレースは2回行われるのですが、2回とも。
こういう、無駄な時だけ運がいいんだよなぁ…笑
おかげで今回も無料でソフトクリームを食べることが出来ました(笑
ローザンベリーをしっかり閉園時間たっぷりまで遊んだあとは、
車を走らせて琵琶湖へ。
本当は琵琶湖沿いにある素敵カフェに行こうと思っていたのですが、
道が混んでいてどうにも日没に間に合いそうになかったので、
急遽湖沿いのスペースに車を止めて、湖をぼーっと眺めていました。
その日はなんとも琵琶湖の夕焼けが綺麗で、すっかり感動してしまいました。
(ひとつ前の記事の写真がそれ)
オレンジ色と青色が混ざり合って、神秘的なグラデーションを描いていました。
帰り道では彦根城のそばを通ったのですが、
夜桜が綺麗で、夜桜を見に来た人達でにぎわっていたので、
またまた急遽車を止めて、夜桜鑑賞へ。
なかなか夜桜って見た事なかったのですが、あれはあれでいいものですね。
夜の闇の中にライトアップされた桜が浮かんでいる様は、
日本独特の幻想的な景色だなぁと思いました。
そんなわけで、桜にはじまって桜に終わった、先週の日曜日。
明日はライブを楽しんでこようと思います!
それではまた!

2 Comments

  1. 返信
    cokusan 2012年5月16日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ルッコラ 「なんか頭重いんですけど…」
    って聞こえてきそうw
    いまっちゃんの家の裏の桜って、インスタにアップされてたものかな?
    素敵な写メだったなぁ。
    私も桜や花火を撮るのは苦手です。
    普段撮らないけど、センスのいい人が素敵写真撮ってしまったりすると、かなりショックだったりするし( ;´Д`)
    ローザンベリーはまた毛だらけになった頃に行きたい!

  2. 返信
    ほし 2012年5月17日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >cokusanさん
    ルッコラはひつじ達の中でもいちばんおっとりしていて、人が触っても全く動じないんですよ~。
    そのため、一番人気があるひつじでもあるんです(笑
    家の桜はインスタグラムの写真ですね!家の裏にあんな場所があるなんて、素敵ですよね~。
    桜を上手く撮れるように、これから毎年そこで練習してみようかな…笑
    ある程度ふかふかの毛になるのっていつぐらいなんでしょうかね?秋ごろかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>