「朝起きたら雪が降っていて。」

snowy day 01
外は真っ白な世界に変わっていた。
snowy day 02
空と地面の境目が見えなくなるほどの白い世界。
snowy day 03
僕はただひたすらにシャッターを切った。 / GR1v PORTRA400

こんばんは、ほしです!
この前、俺が買い物帰りに自転車をのんびりと走らせていた時のこと。
道ばたにとことこと3、4歳ぐらいの小さな男の子がひとり歩いていました。
なんか男の子が歩いてるな~なんて思いながらスッと通り過ぎようとすると、
男の子が俺に向かって突然
「ストップー!」
と声をかけたのです。
なんだなんだと思いながらも素直に自転車を止めると、
男の子は俺に向かって
「ねー、どこいくのー!?」
と。
「家に帰るんだよ~」
「家に帰るのー!?」
「そうだよ~」
すると男の子はどうでもよくなったのか、どこかへいってしまいました。
なんだったんたろう…と思いながら再び自転車をこぎ始めると、
後ろからさっきの男の子が、
「家に帰るんだねー!?」
と叫んできたもんだから、俺も思わず
「そうだよー!!」
と自転車をこぎながら叫んでしまいました。
あんなに大音量で人と会話したのは久しぶりな午後の昼下がりなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。