ゆらり、

station
流されるように歩き続ける / GR1v APX100
本日から公開されている映画、「探偵はBARにいる」を鑑賞してきました!
主演が大泉洋ということで、大泉さんのファンだからという理由だけで観に行きました(笑
内容はというと、ハードボイルド&アクション、時々コメディアスな探偵モノ。
けっこうバイオレンス&エロティックなシーンもあり、男の映画!!って感じでした。
あ、ちょっとこの先の感想は、若干のネタバレ要素を含むので、映画をこの先鑑賞する予定があって、
ネタバレとかを気にする人は見ないことをお勧めします。
バーでのシーンはまさにハードボイルドで、これまでにない大泉さんを見れた感じ。
これまでバーなんて行ったことがないのですが、ちょっと行ってみたくなりました(笑
この映画の主人公の探偵は、基本的に携帯電話を持っていなくて、
「俺に用があるときはこのバーに電話してくれ、夜はだいたいいるから」
なんて言って、バーの名刺を渡すんですよ。
カッコエエ(笑
そのバーに置いてある電話が黒電話で、黒電話で話す大泉さんがまたカッコイイんですよ…
黒電話が欲しくなりました(笑
黒電話どころか、寮生活なんで電話回線無いんですが(笑
という訳で、大泉さんはバッチリかっこよかったのですが、
映画の内容に点数をつけるとしたら、100点満点で55点ぐらいかなー…
ちょっと辛口ですが。
エンディングが哀愁漂う感じなのですが、哀愁漂いすぎて、もうちょっとスッキリ終わっても良かったんじゃないかなぁと個人的に思ってしまったのでした。
「マジかよ!!」みたいな驚きもそれほど無かったしね。
探偵が最後にもう一活躍して欲しかったな~なんて思いました。
映像はなにやら昔懐かし日本映画風、ということで、全体的にレトロな色合い。
好きな人にはガッツリくると思いますよ。
という訳で、今日観た映画の感想でしたー。
俺ももうちょっとハードボイルドの欠片ぐらい身に付けてみたいものです…笑

2 Comments

  1. 返信
    katatsumuri 2011年9月11日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほしさん、ご無沙汰しております*
    わけあってblogを新しくしましたので、
    リンクの変更をお願いします。
    何度もお手数をおかけしてすみません;;
    岐阜住みにはだいぶ慣れましたか^^?
    これからも雰囲気あるお写真楽しみにしてます*

  2. 返信
    ほし 2011年9月15日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >katatsumuriさん
    お久しぶりです!
    リンク、変更しておきましたよ~。
    岐阜住まいにもだいぶ慣れ、
    慌ただしかった生活もようやく落ち着いてきたと思います。
    これからも是非よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>