RE:CHINA 01

China "bond"
手と手が触れ合う時 / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100ACROS
China "station"
燻った空気、待ちぼうけ / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100 ACROS
China "street"
雑然、路地裏 / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100 ACROS
China "carry"
誰かが何かを運んでいる / EOS10QD EF50mmF1.4 NEOPAN100 ACROS
じゃーん!この前中国旅行に行ってきましたー!!
…という写真ではありません(笑
先日購入したスキャナで、「3年前」に大学の授業で中国に行った際に撮影したフィルムを読み込んでみたんです。
当時俺は写真部に入っていたので、現像からプリントまで全て自分で行ってました。
自分で現像を行ったネガフィルムを見てみると、水あかとかあったりしてやっぱりお店のと比べると汚かったんですが、
なにやら当時の自分の思いのようなものがなんとなく宿っている気がしました。
写真に対する姿勢も、今と比べるとどことなく「頑張って良い写真撮るぞ!」という気合があった気がします(笑
まあ写真部入ったばかりだったから、自然とそうなっていたのでしょう。
面白いのが、改めて自分が撮影した写真を振り返ってみると、当時は「良いなこれ!」と思った写真が今になってみるとそうでもなかったり、逆に当時は特にピンとこなかった写真が今は「良いじゃんこれ」となったり。
写真を撮る眼もそうですが、見る眼も日々変わっているんだなぁと実感しました。
今回載せた4枚も、当時自分で良いと思って焼いたのは下から2枚目の路地裏の写真だけでした。
他の3枚はベタ焼き(フィルムを原寸でプリントすることで一覧表みたいなのを作ること)の段階で、
「まあこれは特にプリントしなくてもいいかな」
なんて思ってそのままにしていた写真だったのです…。
今見ると1枚目の感じとか凄い好きだけどな俺(笑
そんな訳で、3年前に撮影した中国での写真の復活日記、次回にも続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>