さとり

satori
悟りの窓 / EOS30D SIGMA30mmF1.4
そういえば以前の日記で「京都旅行行ってきたよ~その話は今度書くよ~」なんてことを言っておきながら、すっかり忘れていました。
ので、今回はその京都旅行の話をしようと思います。
京都へ一泊二日の旅へ出たのはゴールデンウィークの最初の頃。
メンバーは会社の同期仲間。
本当は日帰りで行く予定だったのですが、行きの電車の中で
「いや…せっかくだし二泊にするか!よし、そうしよう!」
と、iPhoneを使って俺だけ急遽安い民宿を借りたのでした。
この急な思い付きで行動したことが後々裏目に出てしまうのですが…。
京都に到着したのはお昼を回った頃。
京都ではまず「錦市場」をぶらぶら歩きながら食べ歩き。
その後、京都の定番!「清水寺」にお参りに行ってきました。
しかしさすがゴールデンウィークだけあって、凄い人の数。
人ごみをかき分けてなんとか「恋愛お守り」を購入することに成功しました(笑
これできっと俺にも近々いい出会いが…!?
清水寺を後にし、その次は「祇園」の町並みをぶらり。
昔ながらの京都風情を楽しんでいると、沢山のカメラマンに遭遇。
なんでも、決まった時間に決まった道を舞妓さんが通るようで、それを撮影しようと多くのカメラマンが集まっていたのでした。
俺も!と言いたいところでしたが、あまりのカメラマンの多さに断念。
さて、祇園の町並みを堪能した後は、「先斗町」という居酒屋や飲食店が立ち並ぶ場所で、
夜の川を眺めながら仲間と晩御飯を食べつつお酒を飲みかわしました。
夜風が気持ちよく、仲間と語らいあう時間は最高でした☆
…なんて感じで書いていると、ホントにとんとん拍子で京都旅行が上手くいったように見えますが、
この京都旅行、俺だけなぜかホントに不運続きでして…
まず、冒頭で書いた、急遽予約した安い民宿。
「予約確認メール」を見て気が付いたのですが…
「あー!!1日間違って予約してたー!!」
そう、俺は間違えて翌日の宿泊予約をしてしまっていたのです…泊まりたいのは今日なのに…
急いで民宿に電話すると、
「じゃあキャンセル料3500円ですね」
との無慈悲な答えが…。
おまけに錦市場ではカメラが突然動作不良をおこすし、京都の地下鉄では変なオジサンに絡まれるし…
とにかく不運というか、なんというか、悲しい出来事も多い京都旅行だったのです(笑
同期仲間と別れて、夜に一人さびしくキャンセル料だけ払いに民宿にとぼとぼ歩く俺の後ろ姿ったらないぜ。
その民宿で「他にどこか泊まれたりする場所とかないですかね…?」と聞いたら、
近くの安い別の民宿を紹介して貰えたので野宿は避けることが出来たのですが(笑
ちなみに今回の記事の写真は、京都旅行二日目で行った「源光庵」というお寺にある「悟りの窓」です!
位置的には金閣寺のあたりなのですが、あまり観光ガイドにも載っていないマイナーなお寺なので、ゴールデンウィークでも人が全然おらず、ゆっくりできました。
人も少ないからゆっくり出来るし、お庭は綺麗だしでオススメですよ!
二日目は夕方ごろまで京都をぶらぶらするつもりが、お昼ご飯に食べたカレーが辛すぎたのか急激に体調を崩し、よろよろと昼過ぎには京都を出るという残念な結果に終わりました…笑
そんな感じで、割と残念なことが多かった京都旅行となってしまったので、
いつかまたリベンジします!今度は完璧なプランで!!笑

2 Comments

  1. 返信
    ラサ 2011年5月23日

    SECRET: 0
    PASS: 9d5c3bcb00b59b7eadea8d2ae1583d04
    相変わらずですね!
    ほしさんはきっと何があっても、
    人生を楽しく生きる術を持っている気がします(笑)
    京都いいな~ヤツハシ食べたいな~。

  2. 返信
    ほし 2011年5月25日

    SECRET: 0
    PASS: a41325d745580851a25997fa5c525056
    >ラサさん
    コメントありがとうございます!
    相変わらずですいません(笑
    ホントはもうちょっとしっかりした人間になりたいのですが…。
    でも、何があっても楽しく生きたい、というのは自分にとってもひとつの目標でもあるので、そう言われると悪い気はしませんね(笑
    あー、そういえば八つ橋食べなかったな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>