生きる

life
そこにあるLIFE / GR1v BW400CN
こんばんは!ほしです。
俺の好きなバンド、藍坊主の初のベスト盤と、ニューシングルが同時発売されました。
更に藍坊主は来月6日、これまた初の武道館ライブをするということで、俺も行く予定です!
藍坊主は割と長い間応援してきたバンドだったので、
「ついに武道館か!!」
と行く前から感動しています(笑
ニューシングルの新曲はというと、これがまた良い感じで、藍坊主の力強いメッセージが伝わってきます。

藍坊主の良さといえば、力強くまっすぐなボーカルhozzyの歌声と、どこかセンチメンタルを刺激されるメロディー。
そして詩!俺は藍坊主の詩の世界観が本当に好きでして。
大学時代に写真部に所属していたときは、写真展に出す作品のタイトルは大体藍坊主から発想を貰ってました。
今回の新曲「星のすみか」も、それら藍坊主の良さが発揮された素晴らしい曲だと思います。
ベスト盤ではそんな藍坊主の曲が新旧楽しめるということで、
藍坊主をあまり知らない人にこそオススメのアルバムになっています。
藍坊主、デビュー当時は今とはずいぶん曲調が違っていまして、
パンクを中心をした楽曲がメインだったんです。
下のはインディーズアルバム「藍坊主」に収録されている
「未知の道の道」という曲のPVなのですが、上の「星のすみか」と比べてみると…

なんというか、若々しいパワーに溢れております(笑
青春バンザイ!と叫びたくなるようなドストレート。
この「未知の道の道」もベスト盤にはしっかり収録されていまして、
まさにパンク一直線だった藍坊主がやがて独自の音楽を鳴らしていくようになる、
そんな変化も楽しめるアルバムになっています。
あ、ちなみに未知の道の道のPVのドラムの人と今のドラムの人は違います。
ドラムだけ途中でメンバーチェンジがあったりしました。
こんな感じで常に変化を続ける藍坊主。
今後も藍坊主の活動から目が離せそうにありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。