スイッチ

switch
スイッチ押して、右見て、左見て
というわけで、ブログリニューアルしましたー!
基本的なレイアウトは変えず、デザインだけ変更しております。
ガツンとイメージを変えてみたのですが、いかがでしょうか?
これで少しは草食男子っぽさを脱することが出来たのではないかと思っているのですが…笑
今日は関東でも雪が降りましたね。
もう寒いのなんのって…。
外に出たくないので、今日はひたすら家でブログのリニューアルのための作業をしたり、本読んだりとかしていました。
…もうすぐ家庭教師のために外出しなければいけないのですが…笑
俺は家庭教師のバイトもやっていまして、かれこれもう3年以上になるのでしょうか?結構長く続いています。
今になっても他人に何かを教えることの難しさを痛感してばかり。
もうすぐこの家庭教師も終わりかと思うと、寂しいですね。
話変わってこの前久しぶりに数人でカラオケに行ってきたのですが(だいたいいつも一人カラオケなのです…)、
複数の人とのカラオケは、やはり気を使う。
何に気を使うかって、
有名な曲を歌うと俺の音痴っぷりが露呈し、
マイナーな曲を歌うと場の空気が盛り下がるという、
音痴ならではの二重苦があるんです!!
高校の頃からとにかく俺は音痴で、酷いときなんてカラオケの採点で100点満点中2点という点数を獲得したことがあります。
逆にその2点は何が評価されたんだっていう。
俺の頑張りか。努力賞的な2点なのか。
それからカラオケに通うごとに少しずつまともになっていき、今では70点台はいけるようになりました(それでも低い)。
そんなわけで、メジャーな曲とか歌っていると
「あれ?音程ちがくね?」
「リズム合ってなくね?」
的な視線に心が折れそうになるのです!!笑
そんな音痴な俺としては、歌っているときにリズムを外したり、音程が合わないときにさりげなく横からハモってくれたりする人は非常にありがたい存在です。
(まずい…音程がわからない!もはやここまでかっ…!!)←歌いながら
(まかせろ!大丈夫だ、俺がハモってやる!)
(かたじけねえ!!よし、このまま大サビまで駆け抜けるぞ!!)
とまあこんな感じのやり取りが脳内で行われているわけです。
というわけで、もし今気になっている異性がいてその人が物凄い音痴だったりする方は、
カラオケでさりげなくハモってあげると上手くいくかもしれません。
「歌ってるんだから邪魔するな!!」
みたいな展開になっても責任はとりませんが…笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>