降臨

sun
祝福セヨ。
第三回CDショップ大賞に、以前このブログでも取り上げたバンド「andymori」の「ファンファーレと熱狂」が選ばれたようです。
このCDショップ大賞とは、全国のCDショップで働いている店員さんの投票によって決まる賞で、今年で三回目となります。
少なくとも、事務所の権力関係などの影響が大きいレコード大賞なんかよりはよほど中身のある賞といえます。
しかしandymori、やはり誰からも愛される可能性を秘めたバンドだといえそうです。
誰もが共通して持つセンチメンタルだったりノスタルジーだったりをぐいぐい押してくる曲ばかりだからなぁ。
ちなみに準大賞には「神聖かまってちゃん」と「世界の終わり」というバンドのCDも選ばれました。
この2バンドは自分の好みにはそれほど合わなかったのであまり聴いてはいないのですが、どちらも「今らしい」バンドであることは間違いないです。
同じく準大賞の「秦 基博」は一度も聴いたことがないので、今度じっくり聴いてみようかな。バンド以外の曲を聴くことがあまりないので、これを機に幅を広げてみようかなぁ。
自分が激プッシュしているバンド、「The Mirraz」と「サカナクション」は残念ながら入賞どまりでした。いや、入賞するだけで十分凄いのですが。
ということで、続きから、大賞のandymori、準大賞の神聖かまってちゃん、世界の終わり、秦 基博の曲をお聴きあれ~。



「1984」andymori

「ロックンロールは鳴り止まないっ」神聖かまってちゃん(音質悪め…)

「虹色の戦争」世界の終わり

「アイ」秦 基博
こうして並べてみると、ホント歌って色々な種類あるよなーと、実感しました(笑
最後に、ファン心理からということで、「The Mirraz」の新曲「We are the fuck’n world」のPV載せて終わります。
PVの監督はボーカルの畠山、PVの出演者は畠山含むバンドメンバーと、超低コストなPV…笑

マクドナルド食べても~、サイゼ、ミスド、ガストも~スタバだって2人なら最高のフルコース♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。