中国路地裏

IMG.jpg
国が違えば路地裏の趣も異なるものです
---------------------------------------------------------------------------–
↓今回は、暗室のはなし


今日の日記の写真は、結構前に俺が大学の暗室で手焼きしたものです!
ふと、前に焼いた写真をスキャナで取り込んでみたらどうなるかなぁーと思ってためしてみたら、良い感じに出来たので載せてみました。
いやー、やっぱ自分で焼いた写真だとそれだけ愛着がありますね。
もう1年以上暗室入ってないので、やり方だいぶ忘れてしまったけど…笑
あの薄暗い部屋の中で、ちゃぷちゃぷと液体に印画紙をひたし、ぼんやーっと白い紙の中に像が浮かび上がってくる様を見ることは他にはない楽しさだったことを覚えています。
将来一軒家に住めるようになったら、暗室は外せないな!!
あ、でもマンションとか社宅とかでも暗室作ろうと思ったら作れるのかな?

2 Comments

  1. 返信
    ラサ 2010年4月26日

    SECRET: 0
    PASS: 9d5c3bcb00b59b7eadea8d2ae1583d04
    ほんといい感じですね!
    ほしさん暗室作業やったことあるのかぁ。
    羨ましいです。
    やった人はみんな楽しいと言いますね~。
    興味津々☆
    下の記事読みましたが、
    カメラ屋さんなくなってしまうようで残念です。
    本当にポツリポツリとなくなっていくなぁ。

  2. 返信
    ほし 2010年4月27日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ラサさん
    ありがとうございます!
    暗室作業はやはり面倒な点も多いですが、それだけ楽しいですよ~。
    暗室のレンタルサービスなんかをやっているところもあるので、是非一度体験してみてはいかがでしょうか!
    カメラ屋さんが減っていくのを見るのは、寂しくて残念な気持ちになりますよね。
    写真の文化は消えないでずっと残って欲しいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>