光の花

again



高山では色々な場所を見て回りました。
そのうちのひとつが「飛騨民俗村」というところ。
合掌造りの建物が並ぶ、野外博物館です。
高山から車でちょっと飛ばせば、
白川郷で実際に今も人が住んでいる合掌造りの建物を見ることも出来ますが、
今回は時間もそれほどなかったので、手ごろにそれらが楽しめる飛騨民俗村へ。


しかしこの飛騨民俗村、合掌造りは実際に見ると迫力があったし、
自分たちの行ったときにはちょうど雪も残っていて綺麗だったのですが、
かなり閑散としていました。
自分たち以外のお客さんは、2、3組ぐらいしかいなかったのではないでしょうか?
中を歩きながら、まるで誰も人が住んでいない、
山奥の廃村を探検しているかのような気分になりました。(それはそれで楽しかった)
合掌造りの建物の様子を何枚か撮影はしたのですが、
どうも実際に人が住んでいないせいか、気分がノッてこなかったです。
その一方で、雪景色と飛騨民俗村を取り囲む自然の写真は
楽しく撮影することが出来たので、なんとなく今はそういった
あるがままの自然であったり生活感のあるものに興味があるのかもしれません。
ちょっとマイナスな感じで書いてしまいましたが、
のんびりと自分のペースで楽しめますし、
スタッフの方も親切で、良い場所でしたよ!


今回の写真はその飛騨民俗村で撮影したものです。
こういうちょっと逆光気味の写真って、雰囲気があっていいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>