room

room




Mamiya7IIを使って写真を撮っていてわかってきたことは、
同じ中判カメラでもやはりローライとは全然違うということだ。
違いすぎて、もう撮る被写体も自ずと変わってきてしまった。
写り云々以前に、2眼レフとレンジファインダーの違いが
予想以上に大きかったように思う。


ここからは自分の個人的な印象なので、
人によっては全く違うのかもしれないけれど、
2眼レフは、じっくりと被写体と向き合い、
絵を作り上げていくことに適していると思っている。
スクリーンに映し出される像を見ながら、
自分の中にあるイメージを形にしていくような感じだ。
それに対してレンジファインダーは、
自分の中から何かを形にするというよりは、
自分の外にある何かを捉えるといった感じだろうか。


自分はもともとあまり写真を撮る際に演出をしないタイプであったが、
Mamiya7IIを使ってからさらに拍車がかかったような気がする。
人を撮る際も、ポーズや目線などを指定して作りこむよりも、
カメラの存在を意識していないかのような写真を撮りたいと思うようになった。
それは人以外でも同じで、
ありのままをありのままに写してみたいという感覚が芽生えてきた。


今回の記事の写真に写っているのも、おそらくローライではシャッターを
切らなかったであろう、なんともないただの休憩室だ。
しかし、Mamiya7IIでは何かの確信を持ってシャッターを切った。
他人から見たらなんともない写真のように見えると思うのだけれども、
自分の中ではここから何か広がっていくのではないかという気がする1枚だったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。