北欧紀行 6 「小さな教会と、ヴィーテモッラ」

church
Knäbäckshusenにはとても小さな教会がありました。
この教会、10人入ればぎゅうぎゅうになるんじゃないかというぐらい
小ぢんまりとしているのですが、
今でもここで結婚式をする人もいるといいます。
この小さな教会で、ささやかに愛を誓い合うというのも素敵なのかもしれません。


say cheese!
協会のそばにはビーチも。
ビーチといえば、今回の旅ではスウェーデンの人々はビーチで遊ぶのが好きな印象を受けました。
日が全然のぼらない寒い冬を越え、
ようやくやってきた夏を心の底から満喫しようとしているようです。
海岸沿いでキャンプをし、ビーチで遊ぶ、そんな夏の過し方をする人が多いようです。
それにしてもこの写真、かなりお気に入りの一枚です。


Knäbäckshusenの町並みと教会、ビーチをたっぷりと見学した後は、
ヴィーテモッラ村(vitemölla)へ。
ここは以前の記事で紹介した、リサラーソンのムック本に載っていた場所で、
「おとぎ話の中の家のような古くてかわいらしい家が連なる」として紹介されていました。
その本に載っていた町並みの写真が本当に文章のとおりで、
ここは行きたい!と美佐緒さんにお願いをしていたのでした。


vitemölla
本当に素敵な町並み


ムック本に載っていた場所を見たいと
村人の方に本を見せて場所を尋ねてみると、
本当に快く丁寧に教えてくれました。
このヴィーテモッラ村の人もそうでしたが、
スウェーデンの人は本当に皆さん親切な方ばかりでした。
こういう体験をすると、もし日本で困っている外国人を見かけたら
助けてあげないとなと思いますね。


その後、ハーベン(Haväng)という場所に行き、
乗馬を練習している美佐緒さんの娘さんと合流し、
これまたムック本に載っていた美しい海岸の景色を堪能。
ここでは羊も飼っているというのですが、
最近、夜に現れるオオカミの被害に悩まされているというんです。
そこで、オオカミ対策として導入されたのがまさかのアルパカ!
それを聞き、まさかあのアルパカがオオカミを相手に
果敢に立ち向かっていくなんて…
と思いきや、アルパカはなにもしないのだそう。
いるだけでオオカミ対策になるのだとか…そんな馬鹿な!アルパカ!


ハーベンの観光を終え、スコーネの一日目もようやく終わりに近づいてきました。
この後はホテルに向かうのですが、
そのホテルこそ、スコーネで一番行きたかった場所でもあるんです。
今振り返ってみても、これまで泊まったことのあるホテルの中で1番じゃないかというぐらい
素敵だったホテル、次回がっつり紹介したいと思います!


続く!


*さゆりの一言コーナー*
Knäbäckshusenの小さな教会、写真では伝わりにくいと思いますが、
本当に海のすぐ近くにあって、素朴だけれど、今まで見たどんな教会よりロマンティックで、
とても感激しました(^^)
この村は、家々も、お花畑も、教会も、ビーチも、こじんまりとしているけれど、
本当に素敵がギュっと詰まっていて、とってもオススメです◎

そして、vitemöllaとHaväng!!
この2つの場所も、たまらなく素敵だったのですが、書きたいことがありすぎて一言じゃなくなってしまったー!!
ので、別の機会に♪

One Comment

  1. 返信

    […] 北欧紀行 5 「スコーネの村々」 北欧紀行 6 「小さな教会と、ヴィーテモッラ」 北欧紀行 7 「美しのドラカモラン」 7月15日 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>